ドラマ

ドロ刑4話のあらすじとネタバレは?今後の考察や感想評判も紹介!

ドロ刑4話ネタバレ
ゴマくん
ゴマくん
『ドロ刑』4話が放送されたね!
ペンちゃん
ペンちゃん
煙鴉が皇子山に疑われているけど・・・どうなるんだろう?

ということで今回は、『ドロ刑』4話のあらすじとネタバレ、今後の考察や感想・評判を紹介していきます!

『ドロ刑』4話のあらすじ

まずは、『ドロ刑』4話のあらすじを紹介していきます!

都内で開催される一大コミフェスを狙い全国のスリ集団が集結するという情報が寄せられる。警視庁の威信をかけ、三課ではイベントに向けて係ごとの検挙数を競い合うことに。

三課内でもバカにされている13係では、鯨岡くじらおか(稲森いずみ)が「最底辺のど根性を見せよう」と張り切るが、もはやお荷物集団であることを隠さない空気にメンバーはどんより。

そんな中“異例の大抜擢”でモサ(=スリ専門の刑事)の左門さもん(板尾創路)とコンビを組むことになった斑目まだらめ(中島健人)は、ひたすら歩き回ってモサの基本を叩き込まれる。初日から疲れ果て、早速バーで愚痴をこぼす斑目に煙鴉けむりがらす(遠藤憲一)は、スリとモサはお互いに厳しい修練を必要とする職人の世界の真剣勝負だと説くが…。

翌日。左門は、痴漢、万引き、そしてスリにはそれぞれ独特の“”があるのだと語り、中でも“スリ”を見抜くには最低3年かかると聞き絶句する斑目だが、左門は目の前でスリを見抜き現行犯逮捕をしてみせる。左門の鮮やかな腕に驚く斑目だが、その一部始終を見ながらニヤリと笑っていた“指に傷のある男”に気づき…。

斑目の話を聞いた左門は、史上最高のスリ“機械屋銀次”こと大文銀次だいもんぎんじ(杉本哲太)が現れたと血相を変える!!特殊なカミソリ刃を使い中身を盗んでも、決して人は傷つけないという信条を持つ銀次は5年前に引退したはずなのだが…。

再び姿を現した銀次は、斑目と左門の目の前で一瞬の神業でスリをして見せる。慌てて確保する斑目だが、一枚上をいく銀次にあしらわれ、逮捕は失敗。斑目を見た銀次は左門に「30年前のお前よりひどい」と話し、イベント当日は選りすぐりのスリが集まると忠告を残す…。

スリから足を洗ったはずの銀次が戻ってきた本当の理由とは一体何なのか…!?
泥棒vs刑事の真剣勝負が始まる!

引用:日テレ公式

『ドロ刑-警視庁捜査三課-』4話では、佐門とスリの犯人を中心にストーリーが展開するようですね!

かつてスリ専門の刑事として活躍した佐門と、斑目がどう絡んでいくのか?

4話の放送が楽しみですね!

『ドロ刑』4話のネタバレ

ではでは、『ドロ刑』4話のネタバレを紹介していきます!

ここからはネタバレありなので、ネタバレしたくない方は閲覧注意です!!

「我々13係が他の係に馬鹿にされてるのはわかってるわよね〜?」と言う、係長の鯨岡。

すると、新しい仕事を持ってきます。

『コミフェス』という都内で最大のイベントでスリが横行することが予想されるため、スリ集団を逮捕すれば他の係をギャフンと言わせられるということでした。

 

そして、係長から呼ばれる班目。

班目は、スリ専門の左門とペアを組んで捜査をすることに。

「モサの基本は歩き回ることだ。すりはどこにいるかわからねえからな。」と言う左門。

 

その夜またバーに行き煙鴉に相談すると、「スリは現行犯逮捕が基本だ。スリこそ職人技で、師匠から弟子へとその技術を伝達していったものだ。」と言います。

「全国からスリ集団が集まってくるって」と班目が言うと、「俺の聞いた話と違うな」と言う班目。

「教えたらこの店奢るか?」と言われ、班目は煙鴉にスリの特性について聞くことに。

 

班目と左門と美希は、地下鉄に乗りスリの捜査を行うことに。

1日中歩き回り捜査をすることに飽き飽きしてきた班目。

すると、左門は「目を見るんだ。痴漢やスリは目を見ればわかる。最低でも3年はかかる」と言う左門。

左門は1人のスリ目の男を見つけ、後を追う事に。

そして、電車の中でスリを1人捕まえる事に成功しました。

班目がスられた人の方を見ると、その奥には怪しげな笑みを浮かべ、手に傷を持つ男の姿が・・・

 

「班目、話がある」と言う左門。

すると班目は、反対に「僕も話があります。その非効率的な捜査の方法をどうにかしてください。」と言い始めます。

左門は、「それより、俺が聞きたいのはその男だ。傷があるその男が、俺を見てニヤッと笑ったんだな。」と言います。

班目が見たと言う男は、伝説のスリで、日々訓練を重ねている超腕のあるスリなのでした。

 

そして、左門と歩いていると、たまたまその伝説のスリ・大文銀次を見つけます。

銀次はバスの中でスリを働き、サモンと班目が捕まえようとしますが、銀次は捕まえられる前にカバンに財布を戻し、証拠がなく捕まえることができませんでした。

バスから降りた左門と班目、そして銀次。

「久しぶりだな。どうして戻ってきたんだ?孫のために引退したんじゃないのか?」と聞く左門。

すると銀次は、「なんでこんな若造を相棒に?お前の30年前よりひどいぞ。」と言います。

そして銀次が去って行くと、班目の財布がスられていました。

すると財布は近くの自転車のカゴに・・・

 

全然スリを捕まえられない13係・・・

しかし左門は着々とスリを捕まえて行きます。

「でも、左門さんは意外です。もっと怒られるのかと思った」と班目が言うと、「人から言われたことは忘れる。」と左門。

班目は「ネットで見た方が覚えられる。」と言うと、「もっと忘れる。近道ほど忘れるんだ。」と言い、左門の若い頃の話をし始めます。

左門が若い頃に教わったモサ(スリ専門の刑事)は、先日ひっそりと引退したんだそうだ。

 

その頃煙鴉は、銀次に会っていました。

「目的はなんだ?復讐か?」と聞く煙鴉。

「一緒だよ。あんたと。」と言い、銀次は去って行きます。

 

その夜班目はまたバーへ行きます。

左門のことを思い、落ち込む班目。

「僕にできることなーんもないなあ。」

「まあお前の良いとこはさ、その弱いところだよ。」「そのまんまで良いよ。」と言う煙鴉。

するとそこへ、皇子山がやってきます。

「あれから色々と調べましたよ。煙鴉は過去に三度も金庫破りをしている。ズバリ聞きます。あなたが煙鴉本人ですね。」と言うと、班目は、「皇子山さん・・・知らなかったの!?この人が煙鴉本人!調べてたってそのこと?今更!?」と言い始め・・・トイレへ。そして皇子山は帰って行きます。

 

左門と班目は、また一緒にスリ捜査へ。

左門が教わったモサへ毎年銀次が孫と写った年賀状を送ってきていたそうです。

なぜ銀次が引退したはずのスリを働き始めたのか?左門は疑問に感じていました。

 

店から出ると、「スられた!」と言う声が。

銀次の手口でスられており、側には銀次の姿が。

「刑事の腕も、スリの腕も落ちたな。少しは腕見せてみろ。」と言い、去って行く銀次。

 

なかなかスリを捕まえられない13係は、ほかの係の連中から馬鹿にされ・・・

銀次の情報を他の係に漏らした皇子山が責められますが、左門は「銀次は俺にしか捕まえられない」とムキになります。

 

そしてコミフェス本番。

さらに気合の入った13係りの面々は、会場へ向かうことに。

会場には有名なスリたちが大勢やってきます。

電車の中には銀次の姿が。

そして、左門と班目を翻弄する銀次。

何度もスリを繰り返しますが、仲間を使って証拠である財布は自分の手元に残しておかないようにしています。

次々と犯行を繰り返す銀次たちに対抗して、13係もチームで挑むことに。

そしてその現場には煙鴉も・・・。

 

そして、最後に銀次がスリを働いたおじいさんに、「あなた今スられました。」と言いますが、”中抜き”とい言って、お札しかスられていませんでした。

証拠がないため銀次は捕まえることができず・・・

さらに他のスリを皇子山が捕まえようとすると、外国人のスリが刃物を持って暴れ始めます。

 

電車から降りた左門と班目、銀次と被害者のおじいさん。

すると、班目は「銀次さん、お札を見せてください。被害者にはお孫さんがいるそうです。お札にうっかり落書きをしちゃったみたいなんです。」と言います。

そして、銀次はためらい・・・「盗ったよ。俺が。どっかでゆっくり話そうや。」と、左門と話に行くことに。

 

左門が銀次の取り調べをしていると、銀次が今回スリを働いた真相について問いただします。

”中抜きのタツ”と言う伝説のスリが、去年外国人スリ集団に刺されたことが致命傷になって死んでしまったのでした。

その仇を取るために、古参のスリを集めて、わざとスリを働き、3課に外国人スリ集団を捕まえさせたのでした。

銀次は「左門、お前はその腕を若いのに教えていくんだ。」と言います。

 

またバーへ行った班目は、煙鴉に今回の事件について話すと、「銀次はお前に乗っかってやったんだよ。」と言います。

煙鴉も密かに今回の事件解決に協力していたのでした。(煙鴉は外国人スリ集団が携帯していた短刀を盗み、捜査員や乗客に怪我をさせないようにしていた)

 

班目は、「俺も銀次さんから盗みましたよ。スリの技術を・・・」と言って、煙鴉の財布を抜き取ります。

「お前、やるじゃないか」と言う煙鴉でしたが、「あはは!引っ掛かった〜!(笑)」

実はそれは班目がお揃いで買った財布で・・・

>>次週へ続く

以上が『ドロ刑-警視庁捜査三課-』4話のネタバレになります。

今回もまた煙鴉の協力によってスリを逮捕することができた班目。

 

毎回思うんですが、スリとか窃盗の常習犯は、なんだか刑事たちといろんなストーリーがあるんですね〜。

犯罪者ですが、思わず感心しちゃいます(笑)

まあ、ドラマの中の話ですけどね!

 

そして、煙鴉の正体は呆気なく班目がバラし・・・(笑)

そういう展開ですか〜!?って、思わず突っ込みそうになりました・・・(^_^;)

 

5話がどんな展開になるのか?次週の放送も楽しみですね!

『ドロ刑』今後の考察は?

『ドロ刑』4話のネタバレを紹介しましたが、『ドロ刑』は今後どのような展開になっていくのでしょうか?

『ドロ刑』の今後の考察をしていきましょう!

 

今後を考察するとすれば、

  • 皇子山の過去が明らかに?

と言うところですかね!

 

次週はどうやら皇子山が中心にストーリーが展開して行くようです。

皇子山と言えば個人プレイが目立ちますが、もともと一課にいた皇子山がなぜ三課に飛ばされてしまったのか?

皇子山が抱える問題(?)とは一体何なのか?

 

次週の放送も楽しみです!

『ドロ刑』4話の感想・評判

最後に、『ドロ刑』4話の感想・評判を紹介していきます!

まとめ

今回は、

  • 『ドロ刑』4話のあらすじ
  • 『ドロ刑』4話のネタバレ
  • 『ドロ刑』の今後の考察は?
  • 『ドロ刑』4話の感想・評判

について紹介しました!

『ドロ刑-警視庁捜査三課-』4話を見逃してしまった人は、無料で見る方法もあるので参考にしてみてくださいね!

あわせて読みたい
ドロ刑無料視聴
ドロ刑-警視庁捜査三課-の見逃しフル動画を無料視聴する方法は?デイリーモーションやパンドラは危険! ということで今回は、『ドロ刑-警視庁捜査三課-』を無料で見る方法について詳しく解説していきます! [PR]今すぐ『ドロ...

↓↓『ドロ刑』1話~最終話までのネタバレ・感想記事を更新中!↓↓

あわせて読みたい
ドロ刑ネタバレまとめ
ドロ刑-警視庁捜査三課-1話~最終回まで全話のあらすじとネタバレを紹介!感想や考察も ということで今回は、『ドロ刑-警視庁捜査三課-』1話~最終回までの全話あらすじとネタバレを紹介! 感想や考察も紹介...

POSTED COMMENT

  1. タッキー より:

    4話で銀次がわざと捕まりたいなら中抜きなんてせずに堂々と捕まればよかったと思うのですが。

  2. 匿名 より:

    もし捕まらなければどうするつもりだったと思いますか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。