ドラマ

ドロ刑10話(最終回)あらすじとネタバレは?ドラマの考察や感想評判も紹介!

ドロ刑10話最終回
ゴマくん
ゴマくん
『ドロ刑』10話が放送されたね!
ペンちゃん
ペンちゃん
とうとう最終回!班目と煙鴉、皇子山の過去や事件についての真相は・・・!?

ということで今回は、『ドロ刑』10話(最終回)のあらすじとネタバレ、今後の考察や感想・評判を紹介していきます!

『ドロ刑』10話(最終回)のあらすじ

まずは、『ドロ刑』10話(最終回)のあらすじを紹介していきます!

煙鴉(遠藤憲一)が次なるターゲットとして名前を書き残したのは柏田不動産の会長『龍崎一郎りゅうざきいちろう』。13係で手分けをし、龍崎の会社周りを警護することになった斑目まだらめ(中島健人)瑤子ようこ(江口のりこ)、さらに勝手田かってだ(丸山智己)左門さもん(板尾創路)も加勢して厳重すぎる警備体制を敷く。しかし煙鴉の仕掛けた巧妙な罠にはまり、龍崎のポケットに入っていたある物が盗まれてしまう!今まで煙鴉が盗んだ物が全て個人情報に関する物だと気付いた斑目は、煙鴉の目的が何なのか考えを巡らせる…。

そんな中、皇子山おうじやま(中村倫也)美希みき(石橋杏奈)から20年前に分譲地として売りに出されていた“虹の見える丘公園”がギルバート記念病院に関連がありそうだと聞く。自殺した妹・真里まり(真魚)の死の真相を追う皇子山は、真里が慕っていた医師・ばん(村松利史)の口を割らせようと、警察として一線を超えた行動に出て…。

そして水面下で警視総監の真鍋まなべ(本田博太郎)と通じていた鯨岡くじらおか(稲森いずみ)は警察にとって不都合なある情報を握る煙鴉を存在ごと握り潰す目的で13係を利用しようとしているようで…!?
その夜、斑目は新聞記者の近藤こんどうから斑目の持っているという『日本を揺るがすネタ』を教えて欲しい、と声をかけられる。表の顔は犯罪ジャーナリストを装っている煙鴉が、自分に何かを伝えるために近藤をよこしたのだと直感する斑目だが…。

そんな中、ある新聞記事の写真を解析していた細面ほそおもて(野間口徹)と、これまで煙鴉の関与した窃盗について調べていた美希、そして皇子山の情報が合わさり、煙鴉の正体がとうとう明らかになろうとしていた。しかし、煙鴉を追うことは、かつて行われたある大きな不正を暴くことに繋がっていて…!!煙鴉が仕組んだ命がけの復讐劇のフィナーレを前に、斑目と13係が最後に選んだ道とは!?

引用:日テレ公式

『ドロ刑-警視庁捜査三課-』10話(最終回)では、ついにフィナーレ!

班目と13係は煙鴉を捕まえることができるのか・・・?

そして、それぞれの過去や思いに蹴りをつけることができるのか・・・?

最終回の放送が楽しみですね!

『ドロ刑』10話(最終回)のネタバレ

ではでは、『ドロ刑』10話(最終回)のネタバレを紹介していきます!

ここからはネタバレありなので、ネタバレしたくない方は閲覧注意です!!

煙鴉は、あることを思い出していました。

『虹の見える丘公園』で、新居について考えながら、奥さんと、子供と楽しく暮らす日々を・・・

 

いつものバーでは、マスターがコースターに書かれた『竜崎一郎』という名前を発見します。

柏田不動産の会長で、柏田建設を立ち上げた後、今のポストに就任した人物です。

 

その頃美希は、煙鴉に関する新たな情報を仕入れていました。

 

鯨岡は、また警視総監に「煙鴉を捕らえろ。生き死には問わない。」と釘を刺されていました・・・

 

班目たちは竜崎の元へ行き、厳重な警備体制を敷いていました。

その頃煙鴉は、またどこかの天井裏に・・・

 

皇子山は、妹が死んだ現場に来ていました。

すると美希から電話が・・・どうやら、虹の見える丘公園について、ギルバート記念病院と何か関係があるかもしれないという電話でした。

 

班目たちが竜崎を警備していると、辺りが煙で立ちこめます。

犯人はもちろん煙鴉。

煙に反応してスプリンクラーが反応し、非常階段に向かう一同。

しかし、非常階段は鍵をかけられていて、エレベーターに乗り込む竜崎たち。

すると、エレベーターの上から麻酔ガスを吹きかけた煙鴉が、竜崎のスマートフォンを抜き取ります。

しかし、宝塚が竜崎のお供の中に忍び込んでいて、「警察、なめんなよ。」と言って煙鴉に手錠をしますが、手錠の鍵を開け、逃げる煙鴉。

 

その頃皇子山は、ギルバート記念病院を訪ねていました。

そして、虹の見える丘公園についてギルバート記念病院との繋がりがわかったと、院長に詰め寄ります。

 

その頃13係では、かつての煙鴉が家族と笑い合う顔を見る鯨岡。

そして、鯨岡は警視総監の元へ。

鯨岡は、初の女性警視総監を狙っていたのでした。

 

班目は、いつもの橋の上で煙鴉について思い出していました。

すると、班目に声をかけた1人の男が・・・

その男は新聞記者の近藤という男で、煙鴉と連絡を取っていたそうですが、ぱったり連絡がなくなり、先日急に連絡が来たと思ったら、班目のことを教えて来たのだと言う。

「面白いネタ追ってるんでしょ?」と聞いてくるその記者。

すると、班目はまたバーで『最も難しい場所』という、煙鴉のメモを見つけます。

 

煙鴉は、本名北岡武、55歳。

ある工場跡地が宅地開発されて、分譲地として売り出されたのが、虹が見える丘公園でした。

しかし、その場所は科学工場跡地で、土壌汚染があったのです。

さらに、土壌汚染の最も激しい地域に家を建ててしまったのが、煙鴉の家族だったのでした。

煙鴉の7歳の息子はガンに侵され亡くなってしまい、煙鴉は仕事を辞めて、息子が亡くなった原因について調べるようになります。

周囲でも健康被害を訴える家族が20件あり、土壌汚染を知りながら販売したゼネコン、認可した国の役人、さらに、虹の見える丘公園があった市の市長が関連していると突き止めた煙鴉。

しかし、煙鴉の息子が入院していたギルバート記念病院では、市から莫大な援助金を受けており、土壌汚染とガンの因果関係は認められないと言い張ったのでした。

煙鴉は世論を味方について裁判を起こしますが、裁判で非を認めれば被害を被ることになるお国の役人の手回しで、裁判でも敗訴することに。

しまいには、大手マスコミまでもが国が訴える『土壌汚染はなかった』という情報を広めてしまいます。

そして、煙鴉の妻は、裁判の半年後に自殺してしまったのでした。

その後、煙鴉の正体である北岡は、完全に姿を消してしまいました。

煙鴉が狙ってきた被害者たちは、全員何らかの形で虹の見える丘公園の開発に携わった人たちだったのでした。

 

皇子山の妹は、土壌汚染の被害に遭った子供達のカルテを改ざんした現・院長の不正に気づき、殺されてしまったのでした。

 

班目は、「僕らに託しているのかも。死ぬことすら覚悟しているのかも。」と言います。

 

その頃煙鴉は、ある場所に潜入していました。

そのある場所とは、もともと虹の見える丘公園があった地域で市長をしていて、現行の総理大臣に就任している人物がいる場所、総理官邸。

そして、煙鴉はある書類を盗んで去って行きました。

 

総理官邸にまで侵入されたということで、鯨岡はまたも「早急に対処するように」と釘を刺されます。

その頃班目は、あることを思いつき・・・

13係では、おそらく煙鴉は総理官邸の金庫に保管されている、金の流れがわかる資料を盗んだのだと予想します。

その資料が世間に公表されれば、『虹の見える丘公園』に関わる人たちに、口止め料として支払ったお金の支払先も明らかになるということです。

そんな話をしているところへ、皇子山がやって来ます。

 

「俺たち、係長に嵌められたぞ。」

なんと、皇子山、班目たち13係は全員、班目が煙鴉と内通していたことや、煙鴉から発砲されたことを隠蔽したという理由で、今日付けで懲戒解雇になってしまったのです。

鯨岡が頻繁に会っていた警視総監は、現在の総理大臣、当時の『虹の見える丘公園』が会った場所の市長を務めていた橘と友人関係にあり、『虹の見える丘公園』についての騒動も収めたのだとか。

そして、鯨岡係長は、煙鴉を逮捕させるために13係のメンバーを集め、捨て駒として自分の首の皮だけを繋げたのでした。

捜査は一課の担当になったと聞き、班目はある場所へ向かいます。

そこには煙鴉が。

さらに、13係の面々も、パトカーで駆けつけ、煙鴉に銃を向けます。

 

「お前ら、鯨岡にクビにされたんだろ。」と言う煙カラスに、班目が事の経緯について話し始めます。

実は、班目たちが鯨岡に裏切られたと言うのは全て嘘で、13係に盗聴器を仕掛けていた煙鴉に、わざと聞かせていたのでした。

班目たち13係がバラバラになってしまったら、虹の見える丘公園についてはもう公にされることがない。

そのため、煙鴉は焦って班目の前に姿を表すはずだと踏んだ班目は、13係と鯨岡係長を巻き込んでこの作戦を決行したのでした。

 

しかし、逃げる煙鴉。

班目と煙鴉の一対一になると、銃を向け合う2人。

「俺を撃て。それがお前の仕事だろ。」と言いますが、そこに皇子山が応戦。

しかし、班目は皇子山に銃を向け・・・

争い合う3人でしたが、発砲しようとした煙鴉を止めるため、班目が煙鴉に向って発砲。

しかし、煙鴉の拳銃には弾は1つも入っていなかった。

 

救急車で運ばれる煙鴉。

救急車の中で、皇子山に班目が、皇子山の妹の死の真相について語り始めます。

科捜研の沙織から聞いた話によると、皇子山の妹の真里の死は、やはり自殺だったのでした。

虹の見える丘公園の件の病院の不正について知った真里は、思い詰め、自分でマンションの非常階段から飛び降りたのでした。

煙鴉のDNAが見つかったのは、煙鴉が真里を助けようとしたからだったのです。

また、皇子山にそのことを話さなかったのは、煙鴉の妻が自殺していたから。

自殺した人の遺族はずっと自分を責め続ける。だから、ずっと誰かを恨めるように、煙鴉は自分が悪者になったのでした。

 

煙鴉はなんとか一命を取り留めますが、所持品を預かった鯨岡。

鯨岡は所持品である『引き継ぎ帳』と、虹の見える丘公園に関するデータを警視総監に手渡し・・・

「これで、君もお友達だ。」

 

そして、警視庁では煙鴉逮捕の記者会見を行うことに。

会見で警視総監の真鍋が話そうとすると、班目に近づいたあの新聞記者の近藤が、「虹の見える丘公園での土壌汚染に関する重大な不正の証拠を入手しました」と言い、本物の『引き継ぎ帳』と、データの中身を記した資料を配り始め・・・

鯨岡は、あらかじめ本物の『引き継ぎ帳』と、偽物の『引き継ぎ帳』をすり替えていたのでした。

実は、鯨岡は警視庁に入庁した当初から、警視総監の真鍋が悪だと気づいていたのでした。

さらに、煙鴉の亡くなった奥さんとは親友関係にあり、個人的に『虹の見える丘公園』について調べていたのです。

鯨岡は、煙鴉を守るため、警視庁の中でも絶対に大丈夫な人たちを集め、13係を結成したのでした。

 

「警視総監!警察、なめんなよ。」

 

班目は、煙鴉の元へ。

目が覚めた煙鴉は、「虹が見えるぞ。良かったな。きっと、願いも叶うさ。」と呟き、班目に気がつくと、「ありがとう」と一言言って、笑うのでした。

 

煙鴉のお見舞いに訪れていた班目。

鯨岡が「班目くん、どこ〜?」と言っていたので、呼びに行き戻ると、窓の外には虹が。

しかし、煙鴉の姿は消え、カラスが飛び立って行きました。

ーendー

『ドロ刑』の考察

今回で、『ドロ刑-警視庁捜査三課-』終わってしまいましたね〜。

煙鴉の虹の見える丘公園の事件(?)は、小さいお子さんが出てきて・・・

それだけで、息子がいる私は泣いてしまいました( ;  ; )

 

最後は警視総監や、ゼネコンの会長、総理大臣も追求されることになり、煙鴉の望んだエンドになって良かったですね!

13係の絆と、鯨岡の良い人ぶり(?)にも感激。

 

最後は煙鴉は消えてしまいましたが、目的がなくなってからもまた泥棒として活動するのでしょうか?

続きがないのか気になりますね〜!

『ドロ刑』10話(最終回)の感想・評判

最後に、『ドロ刑』10話(最終回)の感想・評判を紹介していきます!

https://twitter.com/mikitin_syo/status/1073956204475367425

https://twitter.com/sazu_104/status/1073956077509595136

https://twitter.com/szfmmmmm/status/1073955812706418689

まとめ

今回は、

  • 『ドロ刑』10話(最終回)のあらすじ
  • 『ドロ刑』10話(最終回)のネタバレ
  • 『ドロ刑』の今後の考察は?
  • 『ドロ刑』10話(最終回)の感想・評判

について紹介しました!

『ドロ刑-警視庁捜査三課-』10話(最終回)を見逃してしまった人は、無料で見る方法もあるので参考にしてみてくださいね!

あわせて読みたい
ドロ刑無料視聴
ドロ刑-警視庁捜査三課-の見逃しフル動画を無料視聴する方法は?デイリーモーションやパンドラは危険! ということで今回は、『ドロ刑-警視庁捜査三課-』を無料で見る方法について詳しく解説していきます! [PR]今すぐ『ドロ...

↓↓『ドロ刑』1話~最終話までのネタバレ・感想記事を更新中!↓↓

あわせて読みたい
ドロ刑ネタバレまとめ
ドロ刑-警視庁捜査三課-1話~最終回まで全話のあらすじとネタバレを紹介!感想や考察も ということで今回は、『ドロ刑-警視庁捜査三課-』1話~最終回までの全話あらすじとネタバレを紹介! 感想や考察も紹介...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。