ドラマ

ドロ刑2話のあらすじとネタバレは?今後の考察や感想評判も紹介!

ドロ刑2話ネタバレ
ゴマくん
ゴマくん
『ドロ刑』2話が放送されたね!1話は面白かったみたいだけど、2話はどうだったんだろう?
ペンちゃん
ペンちゃん
さっそくネタバレが気になる~!

ということで今回は、『ドロ刑』2話のあらすじとネタバレ、今後の考察や感想・評判を紹介していきます!

『ドロ刑』2話のあらすじ

まずは、『ドロ刑』2話のあらすじを紹介していきます!

異動早々大物の泥棒を捕まえたことで、精鋭を集めた捜査三課の新設部署『13係』に選ばれたと張り切る斑目まだらめ(中島健人)。しかしその実体は、お荷物刑事の寄せ集めだと知り出鼻をくじかれる。そんな中、係長・鯨岡くじらおか(稲森いずみ)によって発表された最初の事件は、住人が寝静まった家で盗みを働く“ノビ”という忍び込みの泥棒による事件。手口捜査のプロだが極度の人見知りの細面ほそおもて(野間口徹)は、わざと痕跡を残す独特の犯行手口から、ノビの大物・通称“黒蛇”こと大堂吾郎だいどうごろう(笹野高史)の犯行と推測。大堂という名前を聞いた勝手田かってだ(丸山智己)はなぜか怒りに震えて…。

一同は早速大堂の“ヤサ”(=家)を見つけ出そうと手分けして捜査を始める。斑目は大堂がかつてよく現れた沿線で皇子山おうじやま(中村倫也)と共に張り込むが、元捜査一課でプライドの高い皇子山は「こんなの俺がやる仕事じゃねえ」と帰ってしまい…。諦めモードで駅前に張り込んでいた斑目の前に煙鴉けむりがらす(遠藤憲一)が現れ、13係の面々のやる気のなさを愚痴る斑目に、煙鴉は行き交う人の中で必死に大堂を捜している勝手田の姿を見せる。

勝手田に合流する斑目だが、斑目が目を離した隙に勝手田の前に大堂が自ら姿を現わして…!急遽、大堂を尾行することになる斑目だったが、凡ミスにより大堂を追えず大目玉をくらう。

煙鴉のサポートで、13係の捜査は急展開。全員総出で行動確認のための張り込みが行われる。しかし、いよいよ大堂が次の犯行に動き出したその時、13係の前に立ちはだかったのは意外な相手!!捜査はまさかの中止の危機に!?追う者と追われる者、執念のバトルを前に煙鴉が斑目にかけたのは「俺が……お前を悪にしてやる」という言葉だった…。

日テレ公式

『ドロ刑』2話では、新たな事件が発生&煙鴉と斑目の関係が進展・・・!?

ということで、2話の放送が気になりますね!

『ドロ刑』2話のネタバレ

ではでは、『ドロ刑』2話のネタバレを紹介していきます!

ここからはネタバレありなので、ネタバレしたくない方は閲覧注意です!!

斑目勉は、警視庁捜査三課13係に異動になり初日を迎えますが、13係のメンバーは過去に問題を起こした人たちの掃きだめと化していました。

 

皇子山隆俊(中村倫也)は、元捜査一課でエリートだが、なぜか30歳の時に左遷。一部の噂では、『脚フェチ』が原因とも言われています。

佐門陽作(板尾創路)は、元スリ捜査専門の刑事。昔は敏腕刑事だったが、捜査に打ち込みすぎて家庭を壊してしまった過去がありバツ3、今は酒に溺れてアル中と言われています。

勝手田利治(丸山智己)は、指名手配犯専門刑事を10年勤め上げた肉体派刑事で、小平未希に片思い中(?)。ある事件がきっかけで左遷されたとの噂。

小平美希(石橋杏奈)は、音大出身で元音楽隊所属の美人警察官。絶対音感を持っていると言われているが、未経験で13係に配属された理由は謎。

細面隆一(野間口徹)は、捜査三課の犯罪記録がすべて頭の中に記憶されている。手口調査を得意とし、手口を聞くだけで犯人が誰なのか特定することができますが、対人恐怖症と閉所恐怖症で捜査に出られず左遷。

宝塚瑤子(江口のりこ)は、変装が得意な女性刑事。飲む打つ買うの3拍子がそろった昔気質の刑事。仕事中でもお構いなしにサボる。

鯨岡千里(稲森いずみ)は、捜査三課13係の女性係長。自分の係を持つことが夢だったという。天然で何を考えているかわからない・・・。

 

千里は13係のメンバーに、佐門は『佃煮』、勝手田はでかいから『デカ』、皇子山は爬虫類っぽいから『変態』、宝塚は見たまんまで『巫女さん』、美希には『昔美人』、細山には『冷や麦』、斑目は何も思いつかずに『斑目くん』などとあだ名までつけ始めます。

 

そんな13係に回ってきた事件は、忍び込み、通称『ノビ』と呼ばれる犯行を行う犯人を探し出すこと。

手口係の細面は、パソコンを使わずに脳内パソコンで検索すると、1人の男が浮かび上がります。

その男は大堂吾郎(笹野高史)。

2年前に愛媛警察署を出所しているという大堂は、『ノビ』の常習犯。

しかし、大堂の名前を聞くと、険しい表情になる勝手田・・・。

 

13係の一同は捜査に出かけますが、好き勝手ばかりしてなかなか捜査が進みません。

斑目も、『見つかるわけがない』と諦め帰ろうとしますが、そこで煙鴉に出会います。

煙鴉は、斑目の飲み代を立て替えていたため、そのツケを回収しに来たのでした。

「大堂のヤサ(犯人の自宅)探してんのか。」と言う煙鴉に対して、「俺1人でやってられないっすよ。」と言う斑目。

そう言う斑目に対して、煙鴉は勝手田のところへ連れて行きます。

 

1人で見当たり捜査をしていた勝手田。

「見当たり捜査ばっかりやっていたから目が細くなったんですか?人間の体ってそういう風に変形するもんなんですね。」と斑目が言うと、怒る勝手田。

斑目は、「ジュース買いに行ってきます」と逃げると、そこへ大堂が現れます。

「左遷されたって聞いたぞ。俺のせいで。」

そう言い残し、去ろうとする大堂を、戻ってきた斑目に「尾行しろ」と命じる勝手田。

 

大堂を尾行する斑目でしたが、タクシー代を3000円しか払えずに尾行を途中でやめてしまいます。

13係に戻ると、勝手田に殴られる斑目。

 

その晩またバーに行き、斑目は煙鴉に会います。

今日あった出来事を話し始めると、「殺しを扱う捜査は単独プレイだ。でも、お前のいる三課はチームプレイだ。チームが1つにならないとホシは上げられない。お前のミスを取り返すために今も働いているやつがいる。」と語り出す煙鴉。

「でも、俺チームプレイとか好きじゃないんですよね。」「俺、昔サッカーやってて、大事な試合で俺のせいで負けたら、それからずっとキーパーですよ。だからサッカー辞めました。」と言う斑目。

しかし、その話は斑目が幼稚園の年長の時の話で・・・呆れる煙鴉だったのでした。

 

次の日斑目が自宅を出ようとすると、玄関のドアの内側に『バーのツケもらいすぎた。お釣りだ。』と書いてあるメモが。その下には、何やら住所が・・・。

 

斑目はその住所へ向かうと、その家から大堂が出てきました。

煙鴉は、大堂のヤサを教えてくれたのでした。

 

「どうやって(ヤサ)見つけたの?斑目くん、S(スパイ)がいるの?」という千里に対して、「Sって言うより、ケムですけど・・・」と言う斑目。

そんな斑目を怪しげな表情で見つめる皇子山がいました・・・。

 

大堂のヤサ(犯人の自宅)を張り込む13係。

大堂は次に忍び込む家の下見をしている最中でした。

 

何日か張り込みを行い、大堂の動きや行動範囲を掴んだため、そろそろ犯行を起こしそうだと全員で張り込みを行うことにした13係でしたが、そこに邪魔が入ります。

神奈川県警の管轄内で捜査を行っていたため、神奈川県警の連中が職務質問を行い、13係の連中を追い出したのでした。

神奈川県警は大堂逮捕を自分たちの手柄にしたいがために、張り込みをする13係に職務質問をして、邪魔を仕掛けてきたのでした。

しかし、そのことで余計にやる気になる勝手田・・・。

 

捜査が中止になったことを煙鴉に告げる斑目。

すると、煙鴉は勝手田の過去を話し始めます。

勝手田は10年前に大堂を寸でのところで取り逃がし、大堂が逃げ込んだ神奈川で神奈川県警に大堂の身柄を渡してしまったのでした。

その失態がきっかけで、勝手田は見当たり捜査に回されたのでした。

 

煙鴉は現行犯逮捕を狙えと言います。

「大堂は県警が張り込んでいるのをわかっている。結局最後は執念だ。徹底的にドロ棒の気持ちになれ。俺がお前を悪にしてやるよ。」と言う煙鴉。

 

煙鴉のアドバイスを受け、「侵入する家を割り出し、あらかじめその場所で張り込みましょう」と13係のみんなに提案する斑目。

 

そして、煙鴉と共に大堂が忍び込みそうな家を特定し始めます。

煙鴉は、逃げる時のルートや庭に干してある洗濯物などから大堂が忍び込むかどうかを判断します。「プロは足さえかかればどこへでも上る。狙いを決めれば何があっても必ず侵入する」と言う煙鴉。

 

煙鴉の言葉を聞き、1人で捜査を始める斑目は、ある1件の家の前で立ち止まります。その家の塀には植木鉢がありましたが、一か所だけ植木鉢がずれていました・・・。

 

その日、神奈川県警が逮捕状を請求したと聞き、今晩が勝負になるという勝手田。

13係の面々も、その夜総出で張り込みをすることに。

しかし、斑目は風邪で寝込んでいるとのこと・・・。

 

13係が張り込みをしていると、大堂がヤサから出て動きを見せます。

後を追う神奈川県警と13係でしたが、その身柄は神奈川県警に奪われてしまいます。

しかし、神奈川県警が逮捕したのは大堂ではなく・・・

 

大堂は、囮を立てて別の場所に侵入していたのでした。

大堂は別の家で犯行を行い、犯行現場にある飴を舐めようと寝室へ・・・

 

すると、電気がパッと灯され、そこには斑目の姿が。

斑目は、事前に家主の了承を経て、張り込みをしていたのでした。

 

斑目が大堂が忍び込んだ家に狙いを定めた理由は、あの植木鉢の位置でした。

大堂は植木鉢があると塀に手がかけられないため、事前に植木鉢の位置を変えていたのでした。

そのことに気づいた斑目は、大堂を現行犯逮捕に導くことができたのでした。

 

逮捕直前で、カッターを取り出し斑目を脅す大堂。

しかし、「プロ中のプロは傷害事件なんか起こさない。プライドがあるから。」という斑目でしたが、斑目が油断したすきに逃げる大堂。

しかしそこには勝手田が来て・・・。

 

10年前の恨みを晴らすように、勝手田は大堂を捕まえることができたのでした。

無事に一件落着し、勝手田からお礼を言われる斑目。

 

そこへ煙鴉が来て、斑目に話しかけますが、「お願いがあります。」という斑目。「呼んでください。救急車。」斑目は風邪が悪化して倒れてしまいます・・・。

そんな様子を見ていたのは皇子山。

皇子山は煙鴉の存在を怪しみ始め・・・?

>>次週へ続く

以上が『ドロ刑』2話のネタバレになります!

今回も、煙鴉の協力で犯人逮捕に導くことができた斑目なのでした!

しかも、勝手田からも「見込みのあるやつ」と認められ(?)良い感じになってきましたね!

来週の放送も楽しみです!

『ドロ刑』今後の考察は?

『ドロ刑』2話のネタバレを紹介しましたが、『ドロ刑』は今後どのような展開になっていくのでしょうか?

『ドロ刑』の今後の考察をしていきましょう!

 

今後を考察するとすれば、

  • 皇子山は煙鴉の存在に気付く?

というところですかね!

 

皇子山はだんだんと犯人逮捕で手柄を挙げる斑目を怪しみ始め・・・煙鴉の存在に対しても懸念を抱き始めます。

次週、直接煙鴉に接触し、その正体を暴き出そうとするのではないでしょうか?

次週の放送も楽しみにしていましょう!

『ドロ刑』2話の感想・評判

最後に、『ドロ刑』2話の感想・評判を紹介していきます!

https://twitter.com/fmnnkrr/status/1053857582559817729?s=20

https://twitter.com/LBZAD4Mplls9Vco/status/1053850220327403520?s=20

まとめ

今回は、

  • 『ドロ刑』2話のあらすじ
  • 『ドロ刑』2話のネタバレ
  • 『ドロ刑』の今後の考察は?
  • 『ドロ刑』2話の感想・評判

について紹介しました!

『ドロ刑-警視庁捜査三課-』2話を見逃してしまった人は、無料で見る方法もあるので参考にしてみてくださいね!

あわせて読みたい
ドロ刑無料視聴
ドロ刑-警視庁捜査三課-の見逃しフル動画を無料視聴する方法は?デイリーモーションやパンドラは危険! ということで今回は、『ドロ刑-警視庁捜査三課-』を無料で見る方法について詳しく解説していきます! [PR]今すぐ『ドロ...

↓↓『ドロ刑』1話~最終話までのネタバレ・感想記事を更新中!↓↓

あわせて読みたい
ドロ刑ネタバレまとめ
ドロ刑-警視庁捜査三課-1話~最終回まで全話のあらすじとネタバレを紹介!感想や考察も ということで今回は、『ドロ刑-警視庁捜査三課-』1話~最終回までの全話あらすじとネタバレを紹介! 感想や考察も紹介...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。