ドラマ

僕らは奇跡でできている9話あらすじとネタバレは?今後の考察や感想評判も紹介!

僕らは奇跡でできている9話
ゴマくん
ゴマくん
『僕らは奇跡でできている』9話が放送されたね!
ペンちゃん
ペンちゃん
今回は育実と一輝がついに・・・!?

ということで今回は、『僕らは奇跡でできている』9話のあらすじとネタバレ、今後の考察や感想評判も紹介していきます!

『僕らは奇跡でできている』9話のあらすじ

まずは、『僕らは奇跡でできている』9話のあらすじを紹介していきます!

山田(戸田恵子)との生活も日常に戻り、一輝(高橋一生)は水泳を始める。大学でも、鮫島(小林薫)に代講を任されたり、沼袋(児嶋一哉)と言葉を交わしたりするなど、少しずつ周囲との関係を深めていくが、樫野木(要潤)だけはそんな一輝を快く思っていない様子。離れて暮らす娘から元妻に恋人がいることを聞き、いつになく焦りを覚えていたのだ。

一方、進路相談という名目で一輝と2人きりになった琴音(矢作穂香)は、ついに「つきあってほしい」と告白。当然、一輝はその申し出を断るが、ムキになった琴音は、育実(榮倉奈々)のことが好きなのではないかと、一輝を問い詰める。思いもよらない琴音の問いかけに、うまく答えることができない一輝。そして、初めて育実に対する自分の気持ちを考えるものの、結局答えの出ない一輝は、育実に相談。すると育実は、急に一輝を意識し始めて…。

そんな中、部屋にヤモリが現れパニックになった育実は迷った末、一輝に助けを求めることに。部屋にやってきた一輝と2人きりになった育実は…?そして一輝もまた、ある答えにたどり着き、それを育実に伝えようと決意。

同じころ、一輝はひょんなことから樫野木の娘・香澄(矢崎由紗)と顔見知りに。フィールドワークの話を興味深く聞いていたことから、一輝はもっと話を聞かせたいと樫野木に声をかける。元妻の再婚話に動揺する樫野木は、自分が離婚する原因になったフィールドワークについて楽しそうに話す一輝を見て、いら立ちを隠せない。そしてついに感情が爆発し、一輝に強烈な一言を浴びせてしまい…。

引用:関西テレビ公式

『僕らは奇跡でできている』9話では、一輝の恋の物語(?)になっているようですね!

次週どんな展開になるのか気になります!!

『僕らは奇跡でできている』9話のネタバレ

ではでは、『僕らは奇跡でできている』9話のネタバレを紹介していきます!

ここからは 【ネタバレあり】なので、ネタバレしたくない方は閲覧注意です!

研究室にいる一輝のもとに、琴音がやってきます。

「先生、進路相談があります。」

「進路相談なら僕が」と樫野木が言いますが、「相河先生じゃないとダメなんです。」と言う琴音。

一輝と2人きりになった琴音は、「相河先生、私と付き合ってください。」と告白します。

しかし一輝は、「できません。学生と個人的な付き合いはできません。」

すると琴音は、「じゃあ私学校やめます。」

一輝「できません。これって進路相談じゃないですよね?」

琴音「進路相談です。私、相河先生と結婚したいんです。」

一輝「できません。」

琴音「じゃあ、あの人のことはどうなんですか?歯医者さんのこと好きなんですよね?こんにゃく渡してるの見ました。」

一輝「考えてもみませんでした。」

琴音「私、相河先生のこと諦めませんから!」

 

その夜、山田さんに料理を習いに来た育実。

「その後リスどうですか?」と聞く育実に、「水本先生はリスっぽいですね。リスは好きです。」と言う一輝。

「リス”は”?って何ですか?」と育実が聞くと、「今日、言われました。僕が水本先生のことを好きなんじゃないかって。」と打ち明ける一輝。

「どう思います?」と一輝がきくと、そこに山田さんが帰って来ます。

 

育実が帰った後、「脈ありだと思いますよ〜」と言う山田さん。

「一輝さん、本当のところどうなんですか?」と山田さんが聞くと、「わかりません。すごいです!人の気持ちって目に見えないじゃないですか。それに言葉をつけた人ってすごいです!」

しかし一輝は育美への気持ちが、好きなのかそうじゃないのか、よくわからず謎なのでした。

 

翌日育美が歯医者で昼食を食べていると、「院長お客様です。」と。

そこには琴音が。

「相河先生のことでお話があります。相河先生のこと、どう思ってるんですか?相河先生の家でピリ辛きゅうりを教わったんですか?相河先生、好きな女性に対してゴリラなんです。シャイってことです。こんにゃくを渡すのも、すごく勇気がいったと思います。こんにゃくは断っておいて、ピリ辛きゅうりを教わりに相河先生の家に行くってどう言うことですか?その気がないなら、相河先生に近づかないでください!今日はそれを言いに来ました。」

育美は、自宅へ帰り、琴音に言われたことを考えていると、壁にヤモリが・・・

歯医者に戻り、あかりたちに「仕事が終わったら一緒に探してくれませんか?」と頼みますが、「相河先生に頼めば良いじゃないですか!」と言うあかり。

「いや、相河先生はちょっと〜・・・」と言うと、「それって意識してるってことですよね?」と言われてしまい・・・

そして結局育美は一輝に電話をかけることに。

 

一輝は育美の家に行き、ヤモリを探し始めます。

一輝は「良いこともあるんですよ。ゴキブリの赤ちゃんを食べてくれます。」と言いますが、「ゴキブリなんかいません!」と言う育美。

すると「いました!」と言う一輝。

「きゃー!ゴキブリ!」と言って、育美は一輝に抱きつき・・・

一輝「ヤモリです。」

育美「ごめんなさい・・・」

そして一輝はヤモリを捕獲すると帰って行きました。

 

その頃樫野木は、先日娘に言われた「ママが付き合っている人と初めて会うんだ。」と言う言葉を思い出していました。

そして、娘と会う約束をします。

 

しかし約束当日、樫野木は製薬会社に行かなくてはいけなくなり、一輝に娘と待っていて欲しいと頼みます。

樫野木の娘が研究室にやってくると、「フィールドワークって何ですか?」と聞く娘。

「よく知っていますね。」そして一輝は先日リスの橋を樫野木に作ってもらったことや、フィールドワークの話をし始めます。

その後、樫野木が来て、娘と一緒に帰って行きます。

 

樫野木は娘に会うと、元妻の彼氏について聞き始めます。

「パパと同い年で、会社やめて、自転車屋さん始めたんだって。技とかできるすごいやつ。」と答える娘。

「じゃあ、再婚はないな。」と言う樫野木。

「好きなことだけで食べて行くのは難しいから、厳しいだろうね。ママに言っといてよ。パパの研究は、必ず『Nature』に乗るって。」

 

一輝は、育美を道で待っていました。

一輝「ここにいれば水本先生に会えると思いました。僕が水本先生のことをどう思っているのかわかりました。」

育美「ちょ、ちょっと待ってください!・・・いえ、大丈夫です。」

一輝「僕は大学に来る前、フィールドワークに行っていました。命の危険や悲しいこともありました。」

育美「何の話・・・?」

一輝「僕は水本先生のことが苦手でした。僕によく怒っていました。そうかと思ったら、よく泣いてました。泣いたり怒ったりする理由がわかる時もあったし、わからない時もありました。僕は、悲しくなったり、びっくりしたり、不思議に思いました。

餃子の形を揃えるのも、不思議に思いました。家にいるヤモリをわざわざ外に出すことも不思議でした。でも、楽しかったです。

水本先生は、謎や不思議でいっぱいです。水本先生といると、感動や発見がいっぱいあります。でも、良いことばかりじゃありません。嫌な気持ちになることもありました。

つまり、僕は水本先生のことが・・・・面白いです。僕は、面白いって思ってます。」

育美「面白い?」

一輝「はい。」

そして一輝は帰ろうとして、また戻ると、「やっぱりすごいです。いろんな気持ちになるこの感情に、”面白い”って言葉をつけた人は、本当にすごいです。じゃあ。」

そう言って、一輝は帰って行きました。

 

一輝が大学へ行くと、琴音が。

「今日こそ答えてください。私のこと、結婚対象として、女としてどう思ってますか?」

「興味ありません。」

 

そして琴音は、新庄たちの元へ行くと、「どうでも良くなった!相河のこと。興味ないって言われた。なんか、やり切ったって感じ?」と言うと、新庄は走ってどこかへ・・・

 

新庄は一輝の元へ来ると、「興味ないってどう言うことですか?言い方ってもんがあるんじゃないですか?青山のことですよ!」と怒ると、目線の先にはヤモリのぬいぐるみが・・・

「こ、昆虫マン・・・!!」

(新庄がいつも見ているユーチューバーの正体が沼袋先生だと発覚したのでした)

 

その頃育美は、一輝に言われたことを思い出していました。

「あの、私って面白いですか?」とあかりたちに聞く育美。

すると、「自分が面白いかどうか聞く院長は面白いです。」と答えるあかり。

 

その頃樫野木の元に、娘から電話がかかって来ます。

「ごめん、昨日言えなかったことがある。ママ、再婚したよ。」

「え・・・どう言うこと?」

「パパ、リスの橋、作るの手伝ったんだって?相河先生が、すごい上手だって言ってた。ママさ、フィールドワークやってた頃のパパが、1番かっこよかったって言ってたよ。」

「パパは、ママと霞のためにやめたんだよ?」

 

研究室に戻って来た樫野木に、「霞さんまた来ますか?」と聞き、フィールドワークの話をし始める一輝。

すると「黙れ!」と言って怒り出す樫野木。

「相河先生は良いよね。学力もあって、できないことをサポートしてくれる人がいて。子供はキラキラした大人に憧れるけど、だから学生も相河先生みたいになりたいって憧れるけど、キラキラした大人になれるのなんて一握りなんだよ。そうなれなかったときに責任取れんの?無責任なんだよ。迷惑なんだよ。ここから消えて欲しい。」

一輝は怯えて、「帰ります。」と言って帰って行きます。

 

さっきの話を聞いていた鮫島は、樫野木と話をし始めます。

一輝「鮫島教授の真意が分かりません。どうして、相河先生をこの大学に呼んだんですか?

学生たちは自分のやりたいことや好きなことを仕事することが正しい生き方だと信じています。やりたいことなんて簡単に見つかりません。そもそもないのかもしれません。

それなのに、足元フラフラして、見つからないかもしれないもの探して、自分の人生、ちゃんと考えている気になるんですよ。

中には、やりたいことがない自分がダメだって、無駄に自分を責める子もいるかもしれません。相河先生の影響を受けている子はみんなそうです。」

鮫島「それで、樫野木先生は何に苛立っているの?」

樫野木「今言ったじゃないですか。相河先生ですよ。それと、相河先生を許容している鮫島教授にです。」

鮫島「樫野木先生が問題にしているのって、本当に相河先生のせいなのかな?樫野木先生って、たまに自分の問題をすり替えることがあるじゃない。

前にも、樫野木先生の講義を休んで学生が群馬に行ったことを相河先生のせいにしたけど、あれは樫野木先生の講義がつまらないからじゃないの?

今回も、相河先生のせいにして、向き合いたくないことがあるんじゃないの?」

 

翌日、大学に来ない一輝。

「相河先生はまた遅刻ですか・・・」と事務長が怒っていると、「もう、来ないかもしれませんよ。」と言う樫野木。

「どう言うことですか?」

 

その頃一輝は1人で森へ・・・

>>次週へ続く

以上が『僕らは奇跡でできている』9話のネタバレになります。

『僕らは奇跡でできている』の今後の考察は?

『僕らは奇跡でできている』9話のネタバレを紹介しましたが、『僕らは奇跡でできている』は今後どのような展開になっていくのでしょうか?

『僕らは奇跡でできている』の今後の考察をしていきましょう!

 

次週は一輝が大学を去ることに・・・!?

一輝は樫野木に言われた言葉で、何を思ったんでしょうか?

 

一輝はもともとフィールドワークをやっていた訳ですが、大学で教鞭をとることが、本当に一輝のやりたいことなのか?

本当はフィールドワークをやりたいんじゃないか?

と、ちょっと思いました。

 

でも、大学講師になったことで、人との関わりが増え、成長したことも事実。

次週最終回では、一輝が大学で学んだことを中心に話が展開していくような気がします。

 

そして、育美との関係も気になりますね。

育美と一輝が付き合う・・・と言うことはないと思いますが、育美は一輝に自分の気持ちを打ち明けるのではないでしょうか?

 

次週名残惜しいですが、最終回が楽しみですね!

『僕らは奇跡でできている』9話の感想・評判は?

最後に、『僕らは奇跡でできている』9話の感想・評判を紹介していきます!

https://twitter.com/825Love826/status/1070072841767251968

まとめ

今回は、

  • 『僕らは奇跡でできている』9話のあらすじ
  • 『僕らは奇跡でできている』9話のネタバレ
  • 『僕らは奇跡でできている』今後の考察は?
  • 『僕らは奇跡でできている』9話の感想・評判

について解説しました!

『僕らは奇跡でできている』9話を見逃してしまった人は、無料で見る方法も参考にしてみてくださいね↓

あわせて読みたい
僕らは奇跡でできている無料
僕らは奇跡でできている見逃しフル動画を無料視聴する方法は?デイリーモーションやパンドラは危険! ということで今回は、『僕らは奇跡でできている』を無料で見る方法について詳しく解説していきます! 『僕らは奇跡でできてい...

↓↓『僕らは奇跡でできている』のネタバレ感想記事を、1話~最終話まで更新中!↓↓

あわせて読みたい
僕らは奇跡でできているまとめ
僕らは奇跡でできている1話~最終回まであらすじとネタバレを紹介!感想や考察も ということで今回は、『僕らは奇跡でできている』の1話~最終回までのあらすじとネタバレ、感想や考察も紹介していきます! ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。